ソニー、手や指の動きもスマホで実現できるAR開発用SDK「ToF AR」を一般公開 バーチャルシンデレラプロジェクトでも活用 | PANORA

スポンサーリンク
スポンサーリンク

↓お気に入りの記事をつぶやいてみませんか?

Vtuber

ソニー、手や指の動きもスマホで実現できるAR開発用SDK「ToF AR」を一般公開 バーチャルシンデレラプロジェクトでも活用
2022年6月16日 19:02 VTuber, XR

Tweet Pocket

ソニーセミコンダクタソリューションズは15日、AR技術のソフトウェア開発キット(SDK)「ToF(Time of Flight)AR」を一般公開した(公開ページ)。
スマートフォンやタブレットのToF/Lidarセンサーから取得した深度情報と組み合わせることで、画面上の風景の特定位置にCGを重ねるAR表現を実現してくれる。Unityで開発可能で、ARCoreやARKitとも共存できる。

特徴は、手や指の関節を認識してのハンドトラッキングを実現する点。ソニーグループのR&Dセンターと共同開発した独自のAI技術処理を活用し、スムーズな描画を可能にしたという。
用途としては、スマートフォオンやタブレットで動かすVTuberだけでなく、ARを活用したモバイルゲーム、服や靴のバーチャルフィッティング、家具のバーチャルレイアウトなどのアプリを想定している。

ソニー・ミュージックエンタテインメントとbilibiliが共同プロジェクトとして運営している「バーチャルシンデレラプロジェクト」(VCP:Virtual Cinderella Project)」の公式番組などで活用していく予定だ。

●関連リンク・プレスリリース・ToF AR配布ページ・ソニーセミコンダクタソリューションズグループ(公式サイト)・ソニーセミコンダクタソリューションズグループ(Twitter)

ARVTuberニュース

投稿ナビゲーション
前の記事:新規VTuber事務所「Serendy」、VTuberオーディションを6/25まで開催 necmi、れいなまがイラストレーター

…以下引用元参照
引用元:https://panora.tokyo/archives/49977

コメント

タイトルとURLをコピーしました